ConsoleVI 修復 その5  

これからの作業はPLLユニットとコントロールユニットを同時に進めないと作業ができません

そのためにはPLLユニットを製作しなくてはならないということです .

回路はそれほど面倒ではないとはわかってはいるもののさすがにいざ製作するとなるとそれなりの時間や労力が必要になります

そのためにまとめて作業ができる時間と場所も必要なのです。そんなことを考えていたらあっというまに時間が経過したというわけです(まあ言い訳に近い)  

 

このコーナーの更新を楽しみにされている極わずかの方々にために修復は続きます

さてPLLを先に作るか、コントロールロジックを作るかが問題です。ConcoseVIは1chから99chまでを選ぶことができます 1chから40chはともかく 40ch以上の割当ってどうなっていたのか? 41−80chまでが通常の41−80chと同じだとと思っていたのですが ConsoleViのPLLでは最高周波数が27.735MHzとまりで80chまではカバーしないのです

 

すっかり忘れていました  

そんなことを考えながら ConsoleVIのチャンネルマップってどうなってましたっけ?」とBBSで聞いてみたところ  

wonder990さnから 「ワンダー局発はSAと同じですよね」

と教えてもらいました 

ええつ! ???

私 SAとワンダーは分周比がちがうと思い込んでいたのです。

SA−28は1chのときにはn=167でワンダーはたしか79とか80だったはず・・・うーん年齢は重ねたくないものだ・・・

今度はエクセルファイルで、分周比表をもらいました。何気ない言葉が解決のヒントになることがたくさんあるんです

そだ!ワンダーは10kHzPLLなんで分周比が違うんだ! 

部品探し

我がアジトには解体されてしまったSAの部品が軽く5セットはあります。 私は基本的に部品取り無線機作らないようにしているのですが すでに部品取りになってしまった無線機を入手することがあります そのなかにほぼ無キズのSA−28のPLLユニットがありましたこいつが流用できるはずです

 

そこでこのPLLユニットが生きているかどうかを確認しながら2次利用の可能性を探ります

SA-28のPLLユニットは19MHz台を単体で合成するものでバイナリーデータのみを与えれば作動します

そこでn=167に設定して電源をONにしてみました

ところが信号が出てきません

10MHzの発振回路から探っていくと

なんとVCOのトランジスタが壊れています

分解されてしまった原因がまさかVCOの発振停止だったなんて かわいそうなSAもあったものです

 手持ちの2Sc710にに交換したところあっけなく生き返りました。

 

本来ならば このままCONSOLEVIのPLLケースの中に入れてしまいたかったのですが

これから始まる コントロールICの修復ができないと

ケースの中にしまうことができません

PLLユニットはSAのほうが5mmほど大きいようで

シールドボックスには物理的にも入りませんので

電線脇に仮固定して電源をいれてみます

そこで若干長いケーブルをコネクタで接続して作業性を確保しておきます

 

信号レベルは回路的にみてもSAと同じレベルで

問題なさそうです。 解放で3v(p−p)あります

ここで確認したいのはPLLユニットを装着してちゃんと送受信ができるかどうかを確認しておきたいですね

 

分周比=167 1ch にセットして電源ON!

だれもいません

  分周比 n=169 2chにセット。

  だれもいません

 分周比 n=171 3ch  にセット

だれもいません

n=175 4chにセット

「了解しましたぁ」

  さすがに誰かしゃべっていますねえ

 

ちょっと声をだしてみますか!  

ありあわせのマイクをつないでオンエアします

そーそ 私はクラブなんぞには所属してません

それでも平気ですよ CBバンドはみんなで使えるバンドですから。  

「こちらはテスト中の東京すわんです だれか聞いてたらレポートお願いしますどーぞー」

  まあこんな気の抜けた呼びかけに答えてくれたのは

TクラブのHさん  「ちゃんときてますよー」

コンソールシックスを直しているだと伝えると聞いたことのある無線機だと言ってました

 

 

 

 

コントロール部  

さて コントロール部を考える場合

PLLユニットはうまく流用ができることが確認されたのですが コントロールICはできることならば シールドケースのなかに収めたいですし さらにできることならばオリジナルの28ピンパッケージに収めたいものです

 SOPサイズのICを使えばなんとか配線ができるところまで来たのですが 作業性の問題でやはり外部へとインターフェイスをすることにしました 後からなにか発見したときに作業が楽かと思います  

 

 

PICとAVR

今回の用途にはどちらでもOKですがたまたま手元に16F873Aがありましたから利用しました 試作でも873Aを利用しています最終的にはSOP版を利用することができます

  操作性はオリジナルに忠実にしたつもりですが

一部動きを作り直している部分があります

   

−5khZの行方

コンソールにはー5khzという切り替えはありません

そのためー5khzのスイッチの割当がないのです

これだけだと27.300などには出られなくなってしまうのでちょっとばかり後から加工しましょう

  がぜんやる気がでてきましたよ!  

 

 

 

第6回へ続く

 

inserted by FC2 system